ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

BMW 3シリーズ(F30) M Performanceインテリアトリムキット

calendar

reload

BMW 3シリーズ(F30) M Performanceインテリアトリムキット

すっかり忘れていましたが、Mパフォーマンスのカーボンインテリアトリムキットを取り付けたが、エアコン吹き出し口が左右非対称だった我が家のF30 330eはとっくに左右対称になっています。

下の画像が対策前の助手席側エアコン吹き出し口。シルバーの装飾があり、これは後期型の特徴の1つです。

次は対策後。前期型のパーツにまるごと交換してあります。よく見比べると色の違いだけでなく、シルバーは下側が無いのに対して、グロスブラックはぐるりと1周してあるので、デザイン自体が少し違うみたい。

運転席側はこんな感じです。

Mパフォーマンスのカーボンインテリアトリムキットは前期型基準で作られており、助手席側はキットに含まれておらず、結果左右で色が変わってしまうという問題でしたが、助手席側のエアコン吹き出し口を前期型に交換することで左右対称となりました。

下は全体。助手席側の交換前なので、左右非対称なのが分かります。(横4000ピクセルの特大サイズ)

スポンサーリンク

ドリーを使った動画も作ってみました。

大きなサイズで画像をアップしていきます。

触るとカーボンの織り目がよく分かります。M3やM4のカーボンインテリアも良いですが、マットなカーボンとアルカンタラのコンビも良いですね。値段が高いのは・・・まぁ仕方ないか・・・という感じ。

F30 3シリーズの記事というのは今更感もありますが、このMパフォーマンスのインテリアトリムキットは画像検索すると大きなサイズで出てこなかったので、誰かの参考になればと、特大サイズでアップしておきました。後期型に乗っている方で交換を考えている場合は前回の記事「M Performance カーボンインテリアトリムの問題」と合わせて読んでもらうといいかもしれません。