ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

F54クラブマン 味気ない純正マットをホットフィールドのマットに交換

calendar

reload

F54クラブマン 味気ない純正マットをホットフィールドのマットに交換

クラブマン、というかミニは全車かな?フロアマットは標準で付いてきます。車体価格に含まれているものなので、いらないから安くしてくれ!とは言えず、しかし味気ない!ということでホットフィールドの車種別フロアマットを購入したので、そのレビューです。BMW F30 3シリーズに続き、DJデミオ用とF54クラブマン用を同時に購入しました。クラブマンは楽しい雰囲気が欲しいということでブラック×グレーのチェック、オーバーロック糸(縁取り)はレッドを選択。

上の画像が純正マット。普通と言えば普通で、車体本体を汚さないという目的は果たしています。ミニはオプションを入れないと車内はブラックやグレーの部分が多いので、少し派手さが欲しいと考えレッドの縁取りを選んだのです。

固定はマジックテープですね。ホットフィールドのマットもマジックテープが付いているので、特に問題無く固定できます。

アクセルペダルを避けるような形ですが、位置はバッチリ。

助手席側。カーブがピッタリ合っています。インテリアに赤の要素は無いのですが、ブラック×レッドというのはカッコイイ組み合わせの王道で、取り付けても単純にカッコイイなーという感じ。ボディカラーのピュアバーガンディは一応赤系ですしね。

後部座席。純正だとセンタートンネル部分にマットはありませんが、ホットフィールドのマットには付いてきます。右上のマル部分にはプラスチックの突起があり、それをコンソールの下に差し込み固定。そして左右のマットとマジックテープで繋ぐという方法で固定します。マット裏にあるラバースパイクも強力(ゴミを落とそうとして振ると手が痛い)で、純正よりズレは少ないですね。

スポンサーリンク

完成図。赤い縁取りが映えます。

全席の雰囲気を撮りたかったのですが、マット付近が暗いですね・・・

F30の時に「ブレーキをかけると踵が少し滑る」と書きましたが、クラブマンでも多少そういう感覚はあります。しかしF30よりマシ。これは着座位置とブレーキペダルの高さ、要は膝を曲げ気味に座っているか、伸ばし気味に座っているかで変わるみたいです。ミニバン程ではないにしろ、アップライトに座るDJデミオでは踵の滑りは気になりません。中間のクラブマンは僅かに滑り、さらに着座位置の低いF30はクラブマンより滑るのです。ブレーキを踏む時に踵は完全に固定したままの人と、踵を前にスライドさせる人、それぞれ操作しやすい踏み方があるかと思います。ホットフィールドのマットの補強部分はシートが低く膝を伸ばし気味に座る車だと踵が滑りやすいので、購入を考えている方は自分のブレーキの踏み方を確認してみるのがいいですね。踵を完全に固定してブレーキを踏むという人には違和感があると思います。

左がF54クラブマン用、右はDJデミオ用の運転席側。フットレストも付属していますが、クラブマンはステンレスのフットレストカバーを買ったので使いませんでした。デミオでは使っています。

amazonアソシエイト

アマゾンからも購入可能ですが、オーバーロック糸やステッチ色を指定したい場合は公式ページからの注文が良さそうですね。

関連記事 F30 3シリーズにホットフィールドのフロアマット ウェーブ柄×ブルーステッチ DJデミオ用とF54クラブマン用にホットフィールドのフロアマットを購入