ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

F54 クラブマン クーパーSD 燃費報告10回目

calendar

クラブマンを買って1年経過し、燃費報告も10回目となりました。次回は1年間のまとめを書きたいと思いますが、とりあえず今回は10回目の報告です。

2018年10月に給油した時には軽油がリッター126円という驚きの高さでしたが11月で119円、今回106円ということでようやく普通の水準に戻った感じです。いやー106円はありがたいですね~。126円だとレギュラーかよ!と言いたくなるw

では今回のデータ。タイヤは12月15日にスタッドレスに交換しているので半分くらいスタッドレスで走行していると思います。

走行距離535.3km、給油量36.94L、車両燃費表示15.0km/L、満タン法燃費14.5km/L、平均速度31.0km/h、金額3917円。

燃費わるっ!いつも通り通勤に使っていて11月27日に給油した8回目が車両表示17.9km/Lだったのに、15.0km/Lってなんなんだ?と考えると、アイドリングストップの時間が減っている影響が少しありそう。MINIのアイドリングストップはエアコンを使わない春や秋の場合、コールドスタート直後でもすぐに作動します。これがエアコンON(ヒーターのみも含む)になると室内の温度を優先させるみたいで、冬はある程度暖かくなるなるまで作動しないんですね。その影響で1km/Lくらいの差が生まれると思います。

それからタイヤの外径がサマータイヤよりスタッドレスの方が少し大きいのも関係ありそう。具体的にはサマータイヤのトランザT001の外径が199cm、スタッドレスのx-ice3が204cmということで16cmの差があります。タイヤ1回転で2.5%スタッドレスの方が長い距離を走ることになりますが、オドメーターやスピードメーターの数値はサマータイヤのままのはず。ならば燃費も1.025倍になるので15.3か15.4くらいに思っておけばいい。という計算で合ってるかな?あとは単純にスタッドレスの転がり抵抗が大きいというのもありますね。

スポンサーリンク

最後にこれは推測ですが、ディーゼルなのでPMやNOxの排出を抑える為エンジンや触媒を素早く温める、あるいは出たPMを燃やす為に燃料を使っているなどの理由が考えられます。購入直後も冬の燃費は悪かったので。しかし嫁さんのデミオ ディーゼルは夏とあんまり変わらない燃費らしいので、この考えは外れているかも。

アイドリングストップの作動時間が減った以外の理由は怪しいですが、クラブマン ディーゼルの燃費は冬になると悪くなるのは事実でしょう。感覚的に前のボルボV60で燃費が3km/L悪化するとすごく大きい変化に感じますが、11km/Lが8km/Lになるのとクラブマンの18km/Lが15km/Lになるのでは72.7%になったのと83.3%になったという差もあり、割合で考えると「まぁあり得るか」と納得できる気もしますね。

余談ですが、今日給油に行ったらノズルの付け根からオイルが垂れてきて驚きました・・・

写真では分かりづらいけど、カレーのスプーン1杯分以上は垂れたと思う。

幸いボディーには付きませんでしたが、何がポタポタ垂れているんだ!?燃料か!?と驚きましたよ。よく見ると色が茶褐色なので燃料ではなく、匂いは機械油という感じなのでオイルでしょうね。燃料に混じってないかも心配になりましたが、流石にノズルを給油口から抜いてドバドバ出すワケにもいかず、一旦給油をやめてノズルを抜いて目視でチェックしたのみ。たぶん、大丈夫。セルフのGSでスタッフは見当たらなかったのでそのまま帰ってきましたが、なぜオイルが垂れるのか謎です。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す