ぐっどすぴーど

40過ぎのオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

ジェットヘル OGK ROCKを買ったのでレビュー

calendar

reload

ジェットヘル OGK ROCKを買ったのでレビュー

中古のベスパLX125を購入して9ヶ月が経過しました。バイクを買い換えると新しいヘルメットやグローブが欲しくなるもので、今回買ったOGKのROCKはベスパで通勤する為に買ったもの。今までのスモールジェットは購入から10年以上経過しているので強度に不安があるのと、シールドが無いのでこれからの季節は虫が顔に当たって気持ち悪いし痛いんですよね。本当はアライのクラシックmod バンテージグリーンが欲しかったのですが、値段が高いので悩んだ末に却下。クラシックmodだとシールドを別で買う必要もあるし。その点ROCKはフリップアップできるシールドが付いてて1万円前後で売られているので買いやすいと思います。ちなみに私はPayPayモールのとある店で11055円(送料770円込み)で購入。もう少し安い店もありますがPayPayボーナスライトで1500円ほど帰ってくるのでこちらを選択しました。

箱はこんな感じ。

開けると袋に入っていますがアライみたいに巾着タイプのヘルメット袋にはなっていません。まぁ袋なんて質の高いのが入っていても使わないのでこういうコストカットは歓迎です。

色はアイボリーを選択。まんまアイボリーなので真っ白が欲しい人は注意。では今まで使っていたスモールジェット(黒いの)と比べてみましょう。

一回り大きいですね。中に入っている衝撃吸収発泡スチロールの厚みが全然違うのでそれが帽体のサイズになって現れます。ヘルメットって安全性を重視すれば帽体が大きくなって頭でっかちに見えるし、深くかぶれないことから細身の人は「マッチ棒」と比喩される状態になってしまいます。一方発泡スチロールの厚みを減らせば減らすほどスタイリッシュなヘルメットになりますが衝撃を吸収する力は下がる訳で、どちらを重視するかでヘルメット選びは変わってくるもの。個人的には安全性重視ならジェットヘルメットではなくフルフェイスになってしまうので、ジェットヘルメットはこのくらいでいいのでは?と思います。

真正面から見ると高さも幅も少しづつ大きいのが分かります。

シルエット的には全然悪くありません。重さは計りが手元になかったので不明ですが1200g前後ではないかと思います。スモールジェットよりは明らかに重いけど許容範囲かな。

シールドは4段階にポジションを固定できます。

上が一番下げた状態、下は上げた状態。(ヘルメットに反射した周囲の建物をボカし加工したのでマットっぽく見えますが、実物は光沢のあるアイボリー)

シールドの上下はカチッカチッと段階的に固定されていい感じですが、プラスチック同士の凹凸でカチカチを出しているので何年も使っていると削れて緩くなる可能性もありそう。しかしシールドもステーも別売しているので本当にバカになった時は交換することもでき安心。

内装。それなりの質で安っぽさはあまり感じません。

スポンサーリンク

あご紐はワンタッチのバックルタイプで便利と言えば便利だけどちょっと野暮ったい気もします。押す部分が赤ではなく黒の方が目立たなくていいような。

かぶってみると、やはりスモールジェットより浅くしかかぶれません。これは仕方ないところで諦めましょう。帽体の大きさも多少気になりますが、我慢できないほど大きくなくて一安心。サイズ感は私の頭が56cmで「気持ち緩いかな?でもこれくらいの方が頭が痛くならなくていいか」という感じ。説明では57~59cmとありますが、実測59cmある方は試着してみた方がいいでしょう。私は運転には眼鏡が必要な視力であり、ジェットヘルメットが好きな理由に眼鏡をかけたままかぶれるから、というのがあります。フルフェイスだと眼鏡を外してかぶり、その後眼鏡をかけることになるし、ヘルメットを脱ぐ時も逆のことをすることになるので面倒なのです。

サイズ調整のスポンジが付属していますが、とりあえずこのまま使ってみようと思う。

それから内装が取り外せるらしいので試してみました。

外せるのは頭の部分とチークパッドで、このサイズなら手洗いしても苦にならないかな。ネットに入れれば洗濯機でもいいかも。

外せるパーツをすべて外した本体。

チークパッドは先端の樹脂部分を帽体と発泡スチロールの間に差し込んで真ん中をベルクロで固定します。このチークパッド、オプションで33mm厚のものがあるので頬がこけている私はそちらに交換してもいいかも。

頭の部分も樹脂部分を帽体と発泡スチロールの隙間に押し込んで固定。キツすぎて入れづらいとか緩すぎて抜けてしまうということがない、ちょうどいい隙間でした。そういえば肌に触れる部分であるあご紐のパッドは外れないみたいです。

バブルシールドのデキについては、目を動かして横を見ると多少歪みますが正面はそれなりにクリアなのでいいや、という感じ。久しぶりにシールド付きのヘルメットをかぶってみたけど、呼吸で内側が曇るのは嫌なものですね。まだ試しにかぶっただけで実際に走行していないので、走ってみた感想は後日追記で書き込みたいと思います。

追記:実際に走ってみた感想。久しぶりにシールド付きのヘルメットで走りましたが、思った以上に静かで快適でした。それからフィット感が心地よく、謳い文句である「こだわりのかぶり心地」というのもわりと納得できるもだなーと関心。シールドの歪みも前を見て運転する分には気にならず、視線を動かしてメーターやミラーを見る時に少し気になる程度なので問題ありませんでした。

まず静かであることについて。長い間シールド無しのスモールジェットを使っていたので当然かもしれませんけど、風の「ゴーッ」という音が軽減されバイクのエンジン音がよく聞こえます。汎用品のステー&シールドで手持ちのジェットヘルメットに好きなシールドを付けることもできますが、ROCKは標準装備ということでピッタリサイズのシールドが装備できるのが良いのかも。この日は気温13℃とやや寒かったけど、シールドがあるので当然顔に冷たい風が直撃することはありません。顎の先はスースーしますけどね。あとなぜか眉間のあたりも風が流れている感覚があったけど、これは上から入ってくるのかな?目が乾くとか寒いということはなく、むしろ夏は換気されている感があるのかも。信号停止時に呼吸によってシールドが曇りますが、視界の下の方だけだし走れば消えるので問題無し。

フィットすると楽に走れるというのもなんとなく分かる気がします。今まで使っていたスモールジェットはフリーサイズというやつでたぶん60cmくらいの感覚。よって私には緩めとなるのですが、これと比較すればROCKはもう少しフィットしており安定した感じがします。キツいか緩いかではなくフィットしていると楽なのは靴と似ているのかもしれません。これは快適に通勤できそうだ。

ということでOGK ROCKを購入しての感想でした。総評は大満足です。価格はそこそこ、安っぽくなくかぶり心地良し、純正バブルシールドのデキが良く、帽体がデカすぎない。とてもバランスの良いヘルメットだと思います。満足満足。


アマゾンアソシエイト

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す