ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

330e ホークアイ カーボン調シートを貼る

calendar

reload

330e ホークアイ カーボン調シートを貼る

330e Mスポーツのシルバー装飾パネルがあまり好きではないので、カーボン調シートを貼ってみることにしました。amazonで検索するといろいろな商品が出てきますが、今回はホークアイというブランドのものを購入。価格はサイズによって異なりますが、シフトレバー周りやドアハンドルには貼る予定が無く、正面だけなので一番小さい152×30cmというサイズで約650円。安い!

巻いた状態で箱に入って届きました。中を確認すると、少しですが立体感があり、半光沢といった感じです。650円には見えません。

まず小さい方から貼ってみようということで、右側のエアコン吹き出し口を外します。一応養生しましたが必要ないかも。内装外しで簡単に外れます。

外れるとこんな感じ。

ドライヤーで温めるとよく伸びるので、けっこう簡単に貼ることができます。余った部分はカッターで切れば完成。

スポンサーリンク

大きい方は外すとこんな感じ。こちらは少し固いですが、楽な方だと思います。ハザードなどの配線カプラーのロックの方が固いです。

こちらも温めながら貼るんのですが、ちょっと問題発生。よく伸びるので貼りやすいのですが、伸びた分は冷えると縮みます。その縮む力が接着力を上回り、余分を切ったあとにジワジワ下地が見えてくるんですよ。ツルツルの面ならしっかり張り付くのかもしれませんが、Mスポのトリムは立体感があり、接着面が少ないのかもしれません。また、上の画像でエアコン吹き出し口右上にシワがあるのが分かるでしょうか?よく伸びるので曲面には貼りやすいのですが、元の状態より縮むことはないので、コーナー部分は余ってシワになるんですね。

上端は裏に巻き込むことができるので引っ張られても強いのですが、下端はグロスブラックの部分を残してギリギリで切るので、少し引っ張られると上の画像の様に0.5mmほどシルバーの下地が見えてしまいます。これはちょっと・・・ですね。1度剥がしてやり直しましたが、結果は同じでした。

というワケで、ホークアイのカーボン調シートは見た目は悪くないし、安いし、よく伸びて貼りやすい製品なのですが、3シリーズのトリムに貼るのはちょっと難しいなーと感じました。貼る場合は、貼る面はツルツルなのか?巻き込んで貼れるか?伸びるのはいいけど余りは出るのか?の3点を考える必要があると思います。まぁ失敗しても650円なら安いものなんですけどね。その後我慢できず、Mパフォーマンスのカーボン・インテリア・トリムを購入しました。

これくらいで見るとなかなかカッコイイんですけどねー・・・せっかく買ったんだし、嫁のスイフトのドアトリムにでも貼ってみようかな。