ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

スイフト スポーツの見積もり

calendar

購入候補なのでスイフトスポーツの見積もりを出してもらいました。最近はオンラインで簡単に見積もりが出せるので細かく掲載はしませんが、おおまかに紹介したいと思います。尚、今契約しても納期は3ヶ月後の2018年1月くらいになるそうで、車検の近い方はご注意を。

私は嫁さんの車として購入予定(た・ま・に・私も乗りたい)なのですが、試乗に行った時に嫁は仕事でおらず、私が適当にAT、セーフティパッケージ付、ボディカラーホワイト(有償)と設定。車両本体価格2,014,200円。これに中間グレードのナビ、バックカメラ、ETC、フロアマットなどのオプションが合計264,762円ですが、ここでオプション5万円サービス含む値引きが78,000円あり、186,762円に。登録手数料などの諸費用合計が209,584円で、すべての合計は2,410,546円となっています。

10月はスズキの残価設定クレジット「かえるプラン」の分割手数料が通常2.9%のところ1.9%ということで、頭金50万円と仮定し、この残クレ60回払いで見積もりを出してもらった結果、クレジット所要資金1,910,544円。1回目の支払い28,890円、2~58回は27,900円。最終支払(残価)373,000円となりました。分割手数料は109,544円。手数料1.9%が終わって2.9%に戻るとこの分割手数料はだいたい167,600円くらいになるはずで、1%もバカにできない差だなーと感じますね。かえるプランのもう1つのメリットとして、メンテナンスパック104,300が無料で付いてきます。点検代、54ヶ月後までのオイル交換代、1回目車検整備代(法定費用はかかる)が無料になるのは大きなメリットで、先程分割手数料が109,544円と書きましたが、これがほぼ相殺できることになります。残クレで買うと車の所有者は販売店となりますが、後々買い取るつもりならデメリットはほぼ無いことになりますね。37万円で買い取ってすぐに買い取り専門店で売れば50万円くらいにはなるでしょうから、そのまま返却する方が損をすると思います。

ということを嫁に話したところ、興味深そうに見積書を眺めていましたが、スイスポを買うとしたら、ナビは使わないので必要無いそうです。しかしあの一等地がブランクになるのは嫌なので、液晶画面になっているカロッツェリア製オーディオプレーヤー(47,412円)がオプションカタログに載っており、これがいいと。適当に選んだナビより約10万円安いです。スズキのアクセサリーカタログの品番とメーカーサイトの品番がまったく違いましたが、こんな感じのものです↓

スポンサーリンク

そしてトランスミッションは価格が安いしMTは苦にならないからMTでいいそうです。セーフティサポートもMT乗るなら不要ということで車体価格が1,857,600円まで大幅に下がり、バックモニターも値段が高いくせにリヤハッチのど真ん中にカメラが付くのが気に入らないのでいらないと。お前・・・メッチャ分かってるな!確かにあのバックモニターは美観を損なっていると私も思いましたが、我が嫁ながら男前な意見でビックリしました。

車好きを自称する私がアダプティブクルーズコントロールやナビ、バックモニターなどの快適装備の付いたATのボルボV60に乗っているのに、カッコ悪いからバックモニター不要。苦にならないし安いからMTで良し。ナビはスマホで良しと、嫁の選択の方がよほどストイックな車好きっぽくてビビリます。

不要なものを外してざっくり計算すると、一括払いでの総額は208万円ほどになり、そうなると月々の支払いは21000円前後になりそう。241万円から33万円ダウン。恐るべし、我が嫁・・・

関連記事 スイフトスポーツ(MT)試乗  スイフトスポーツをカタログスペックでRS、RStと比較

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す