ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

2017年 試乗して印象に残った車5台はこれ!

calendar

reload

2017年 試乗して印象に残った車5台はこれ!

このブログを始めたのが2017年1月で、最初の試乗はトヨタCH–Rでした。その後約30台の車に試乗したのですが、今回は1年間のまとめとして印象に残った車5台について書きたいと思います。

5台に絞る段階でかなり悩みましたが、マツダCX-5、ホンダS660&シビックタイプR、VWゴルフ7.5 GTI、スズキ スイフトスポーツとしました。自分で買ったクラブマンと嫁のデミオはここでは除外。

マツダCX-5はXDプロアクティブに試乗しましたが、これみよがしに何かをアピールしてくるタイプではなく自然体で付き合え、安心して運転できる車でした。「スポーツSUV」と言うと響きは良く、確かに便利なSUVのボディでクイクイ曲がれば運転も楽しいのかもしれません。CX-5はデザインがシュっとしていてスポーティーですが、乗ってみるとおおらかさみたいなものを感じます。決して鈍重ということではありません。試乗中に信号で少し急ブレーキになりましたが前につんのめることがなかったので、サスペンスが特別柔らかいワケではないのです。上手くハンドリングと乗り心地のバランスを取ったセッティングではないでしょうか。そんな乗り心地と大トルクが自慢のディーゼルエンジンの相性も良く、静粛性も十分に高いレベル。ステアリングに伝わるグリップ感や操作に対する滑らかな動きなど、運転手は良い機械を操っている楽しみがあり、他の乗員も快適。燃費も良いし荷物もかなり積めるという、ロングツーリングに最高な車ですね。CX-5の試乗記事はこちら

ホンダS660は見た目からしてキビキビ曲がりそうな車ですが、まさしくその通り。笑ってしまうくらいクイクイ曲がります。デザインも小さなスーパーカーと言えるもので最高。特にエンジンフードのダブルもっこりが。エンジンが他のホンダ軽自動車と同じく直3エンジンなので、パワーと音は軽そのものというのは惜しいですが、販売台数がまったく見込めないリヤミッドシップエンジンのオープン2シーターを200万円そこそこの価格で売っているが凄いことなのです。メカ的にも商売的にも大手のブランドとしてはホンダしかできない(やらない)車と言え、そのチャレンジスピリットには感服。窓から見える異様に低い景色や後ろから聞こえるエンジン音など、日常を非日常にしてくれる小さなスーパーカーです。試乗車はCVT車でしたが、できればMTで乗ってみたかったですね。S660の試乗記事はこちら

スポンサーリンク

同じくホンダのシビックタイプR(FK8)については、究極に乗りやすいMT車です。ニュルブルクリンクのFF最速タイムを狙った車ですが、どのメディアでも言われている通り街中では非常に乗り心地が良く、その感覚は上質と言っても過言ではありません。またクラッチやシフトの作りが非常に良く、乗ればすぐ自分の車の様に操作できるあたり、ホンダはMTを作らせたら天才だと言いたくなります。シフトダウン時に自動で回転を上げてくれるレブマッチシステムも完璧で、私のような下手クソでも某豆腐屋の息子並みのシフトダウンがいとも簡単にできてしまい、ついついシフトダウンしたくなります。また、4人乗りですが室内とトランクも広く、ファミリーカーとしても使えるので、納期さえ早かったら無理して買っていたかもしれません。FK8の試乗記事はこちら

ゴルフGTIについては、価格的に考えて最強の性能と車乗り心地を併せ持つ恐ろしい車です。アウディ、ポルシェ、ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティといったブランドを傘下に持つVWだからこそできる車ですね。その乗り心地は可変ダンパーであるDCCで変化するのですが、ノーマルモードでは柔らか過ぎず、でも固くない絶妙なセッティングで、ガッチリしたボディにしなやかな足回りという表現がぴったり。エンジンもパワフルでDCTも完璧な仕事をしてくれて、本当に非の打ち所がない車です。残価が高ければ買っていましたね。ゴルフGTIの試乗記事はこちら

スイフトスポーツ(ZC33S)も車のキャラクターはゴルフGTIに似ているところがありますね。ベースとなるスイフトやゴルフが基本イイ車で、そこにパワーを上げたエンジンと強化された足回りを持つ車。日常使いと走る楽しみを両立するハッチバック車です。エンジンパワーがそこそこなのでこれはMTで乗るのが楽しそう。驚くのはその価格で、ナビや安全装備は別ですが200万円を切るのは驚異としか言いようがありません。軽い車重で軽快なハンドリングが楽しめ、ボディ剛性やタイヤの接地感もそこそこペースなら余裕すら感じます。国産コンパクトカーとしてはデミオと同じく珍しい6速ATを採用する車なのでAT派にも嬉しいですが、クセが無く操作しやすいクラッチなので、少しでもMTってどうだろう?と思うなら試乗してみる価値アリですよ。スイフトスポーツの試乗記事はこちら

こうして考えてみると、S660やシビックタイプR、ゴルフGTI、スイフトスポーツと、毛色はそれぞれ違うけど走る楽しさをウリにした車が印象に残るものだなぁとしみじみ思います。CX-5だけはSUVタイプですが、「イイモノ感」が見ても乗っても感じられ、コストパフォーマンスも高いのが凄いところ。

来年は今まで触れたことのないブランドに挑戦してみたいと思っています。特にレクサスの気合が詰まったLCは一度間近でじっくり見て、試乗もできるならしてみたいですね。今年は私のblogを読んでいただきありがとうございました。来年も車に興味がある、購入を考えている方に少しでも参考になる記事が書けるよう精進します。皆さんの年末年始が楽しいものになるよう願っております。良いお年を!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す