ぐっどすぴーど

40歳手前のオジサンが車の試乗をして感想を書くblog。youtubeで動画配信もしています。2017年12月、F54クラブマンSDとDJデミオディーゼルが我が家に加わり、家の車がPHVとディーゼル車になりました。

F54 ミニ クラブマン クーパーD エクステリア&インテリアレビュー

calendar

今回はF54 ミニ クラブマン クーパーDの画像を見てみましょう。お店が忙しそうだったので写真は少なめですが・・・

デカくなりましたが、丸いヘッドライトと台形のグリルで紛うことなきミニの顔。クラブマンは幅が広くウーパールーパーみたいに見えます。私は可愛くて好きなのですが、嫌いな人もいるでしょうね。

クラブマンと言えば観音開きドアですね。正式にはスプリット・ドアと呼ぶらしい。横まで観音開きだった先代モデル(運転席側のみ)ですが、現行になりボディが大きくなった為か、はたまた実用性重視にした為か、横は普通のドアになりました。3ドアハッチバックとか言いますけど、この場合は6ドアになるのかな?画像を見ると分かりますが、かなりの厚みがあります。また、コンフォートアクセスによりバンパー下に足を突っ込むと、まずは右側が開き、もう一度やると左側が開く機能が付いているのですが、これはモーターでは無くスプリングで開くタイプ。ダンパーが入っているのでゆっくり開くのですが、このスプリングのせいで開く時は力強く、閉める時は少し重くい。最後もしっかり押し込まないと半ドアになりがち。ドアの剛性は高く、力を入れて閉めてもビクともしないので安心ではありますが、もう少し軽いといいな。横方向に開くし厚みもあるということでドアには大きめのポケットが付いています。

雨の日は水がしたたったりしないのでしょうか?それさえ無ければ傘を持ったままギリギリに立てるワケで、使い勝手は意外に悪くないかも。ちなみにキーによるボタン操作でも開きますし、当然ドアノブ内側のボタンでも開きます。それから閉める時は左から。右を先に閉めてもロックしないので勝手に開きます。

真横はサイズの近いゴルフ7と2シリーズアクティブツアラーMスポの3台を比べてみましょう。駐車場の関係で画角が異なる点と、クラブマンに影が入りまくっている点は・・・すみません・・・

クラブマン クーパーD 4270×1800×1470mm ホイールベース2670mm。

ゴルフ ハイライン 4265mm×1800×1480mm ホイールベース2635mm。

2シリーズアクティブツアラーMスポ 4355×1800×1550mm ホイールベース2670mm。

スポンサーリンク

アクティブツアラーは全高が高く、それに合わせてボンネットの傾斜も強めで、1つの塊っぽく見えます。ゴルフは綺麗なラインでボンネット、フロントガラス、ルーフと繋がっていますね。クラブマンは水平に近いボンネットから45度くらいでガラスが立ち上がり水平な長いルーフへ続くというスタイル。結果的にクラブマンの全高は低そうに見えるものの、実はゴルフより10mm低いだけです。長いルーフとクォーターウインドウが大きい為にワゴンっぽいサイドビューになっていますね。ゴルフはクォーターウインドウが無いのでハッチバックスタイルです。

インパネはハッチバックともクロスオーバーとも異なるもので、このへんはコストがかけられています。400万円の車として品質は標準的で特に高級感があるとは思いませんが、円のモチーフを各所に取り入れたデザインセンスは非常に良く、楽しい気分にさせてくれます。しかし基本的に黒1色なのはよろしくない。気軽に部分的にでもいいので差し色が入れられたらもっと楽しいと思うんですよ。

ウインカーレバーのタッチがとてもカッチリしていていたり、トグルスイッチも剛性とクリック感がありと、各種スイッチ類にもコストがかけられているみたいです。以前は巨大なスピードメーターだった中央には8.8インチの大型モニターが入り、ナビはもちろんオーディオ設定、燃費表示、車両設定などが表示でき、その操作はBMWのiDriveの様なコントローラーで行うワケですが、グラフィックこそ異なるもののまんまiDriveなので、330eに時々乗っている私としては非常に操作し易いです。モニター自体もタッチパネル(330eは違う)だそうですが、指紋が付くのでコントローラーで操作すれば良しですね。

面白いのがメーターユニットで、ステアリングコラムにのっかっているのでステアリング位置を調整するといっしょに動いてきます。見た目も立体的で面白いですし、角度によって見づらくなることも無いっぽい。日産Zもこんな方式だった気がします。メインメーターの右に付いているカーブた円柱のようなパーツはガソリン残量計で、薄っすら見えるスリットの奥にLED?ダイオードが光って表示されます。しかし今から納車されるクラブマンではここが少し改良され、より細かい表示が可能になるタイプになるそうです。

 

ゴルフとほぼ同じサイズだけあって十分広いと言ってよいレベルの後部座席。乗り降りもしやすいのがGOOD。

2017年7月以降のモデルでは衝突被害軽減の自動ブレーキと全車速対応のアダプティブクルーズコントロールが標準装備化されたそうで、BMWのカメラやセンサー、システムがそのまま採用されているのであればかなり自然な追従走行をしてくれそうです。デザイン面でも走りでも居住性でも、ミニ クラブマンは本当にスキの無い車でした。価格もけっこう高いのですけど・・・

関連記事 俊敏さと快適さを併せ持つミニ クラブマン(F54) クーパーD 試乗

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す